TFCC損傷の判断

TFCC損傷は、非常に判断が難しい部分があります。専門医でも見分けがつかないことも出てくるため、交通事故の対応に詳しい人間の連携とサポートが欠かせません。

交通事故との因果関係TFCC損傷は、まったく治らないものではなく、治療方法によっては回復する可能性があります。完治には至らなくても、生活に支障がない程度まで緩和するといった方法も見つかってきました。消炎鎮痛剤の投与から始まり、損傷個所を固定するなどの対応が一般的ですが、手術して再建させることもあります。保存療法を取ることが多いことでも知られていますが、症状がはっきりしないことが多いことも背景にあるといえるでしょう。

交通事故からしばらくたってから違和感を覚え、TFCC損傷であることがわかることも珍しくありません。問題となるのは、事故の後遺障害だけではなく、加齢性変形に伴って損傷することもあるからです。つまり、年齢とともに痛みを引き起こす可能性も指摘されるため、交通事故に遭ったときには、すぐに検査をすることが重要になってきます。

後遺障害として認定されるような状態は、可動域制限が出てきていることがひとつの目安となるでしょう。もうひとつ神経症状でも認定されることがあります。どちらにしても、交通事故との因果関係が証明されなければいけないため、時間を空けないことが重要です。

 

わかりにくいTFCC

レントゲンTFCC損傷と交通事故の因果関係を見つけることが、後遺障害の認定に大きな影響を与えます。ですが、はっきりとわかりにくい理由として、レントゲンでは判断できないことがあげられるでしょう。素人目には、レントゲンを撮ればすぐにわかると思われがちですが、レントゲンには損傷部分がうつりません。MRIを使って判断することになりますが、これだけでも完全ではないことを理解しておかなければいけないでしょう。間接鏡検査といった直接判断することまで含めて損傷の有無を調べなければ、わからない可能性が高いことは知っておかなければいけないでしょう。

痛みの判断としては、疼痛があることがあげられますが、小指側に腫れが出てきているときには、怪しいと考えなければいけません。ドアノブ運動に表れることが多いため、ドアノブを回そうと思ったときに、可動域の制限が出てきているときには、TFCC損傷の疑いが出てきます。ぞうきんを絞るときの運動も同様ですので、辛さを感じる時には疑ってかからなければいけません。

交通事故に遭ったときには捻挫と判断されることもありますが、全く異なる状態になっていることもあるのですから、手首の専門医に診断を受けることが大切です。

≪参考リンク≫https://www.ko2jiko.com/pickup-koui/
交通事故被害者救済サイトは、TFCC損傷について説明しています。

Pocket